沿革・施設

学校長挨拶

本校は、優秀な調理師の育成を目指して、昭和46年に創立しました。
これまでその期待に応えた多くの学生が、県内外の専門店やホテル、施設などで活躍する、優秀な調理師を育成してまいりました。
調理師としての研鑽を積むために、充実したカリキュラムと県下有数の施設・設備のもと、著名な講師による講義・実習を展開しています。
これまでの地道な努力が素晴らしい成果となって表れ、このことは本校に集う学生一人ひとりの「自信と誇り」につながっています。

九州文化学園調理師専門学校学校長 今道 浩三

沿革

昭和20年 九州文化学院設置認可
46年 九州文化学園調理師専修学校設置認可
47年 第1回卒業創作料理展示会
平成 2年 料理教室開始
12年 佐世保市観光協会「観光の集い」参加
13年 創立30周年記念式典
15年 長崎県調理師協会「長崎食祭」参加
16年 食育教室開始
18年 藤原町新キャンパスへ校舎移転
21年 介護食士講座開始
22年 創立40周年記念式典
25年 九州文化学園矢岳キャンパス記念碑建立
27年 九州文化学園 創立70周年記念式典・祝賀会
28年 九州文化学園調理師専門学校と校名変更及び専門課程2年制

施設案内

調理実習室

広々とした室内には、プロ仕様の最新調理機器を取り揃えており、様々な調理実習を行うことができます。また、講師の手元の動きがわかり易いようにカメラが取り付けられており、より詳細な動きを見ながら実習を行う事ができます。

集団調理実習室

大量調理の実習を行う施設です。多人数対象の調理を行う大釜や大型の冷蔵庫、レンジなどが整然と区画分けされ、使用し易い設計となっています。

試食室

集団調理実習室とは大型のカウンターでつながり、本格的なレストランさながらの雰囲気があります。オープンキャンパスや市民講座などでは、この試食室で調理した料理を頂きます。温かい光に満ち溢れた心安らぐ空間です。

ホール

正面玄関のホールです。2階部分まで吹き抜けとなっており、大型の窓ガラスから差し込む光が、施設の中を明るく照らし出します。広々とした開放感ある空間は、学生達の憩いの場所の一つです。

茶室「微笑楼」

1階には、本格的な茶道の修練場でもある茶室「微笑楼(みしょうろう)」があります。 平戸松浦藩の「鎮信流」の作法と共に、日本料理の 奥ゆかしさを茶懐石料理の作法を学びながら理解していきます。

製菓実習室

広々とした清潔感溢れる製菓実習専用の実習室です。実習台には大理石を使用し、本格的な製菓・製パンの勉強が行えます。学園祭で販売する大量のアソートクッキーや、ケーキセットなどもここで製作します。

教室

様々な講義が行われる教室です。全体的に白を基調とし、清潔感溢れる室内です。

図書室

図書室には、各国の料理やその技法を紹介する様々な書籍が取り揃えられています。試験勉強や料理の研究に勤しむ学生が多く利用しています。